リボ払いで債務整理をお考えなら!リボ払いの仕組みとは?クレジットカードの支払いがヤバイときはご相談を

「リボ払いはヤバイ」というイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか。

毎月一定額の支払いをするリボ払いは便利ではありますが、月々の返済額が少ない一方で、返済が長引きやすく家計を圧迫してしまう側面もあるため注意が必要です。

気軽に活用しやすいリボ払いですが、その仕組みや利息について理解している人はごくわずかなのが現状です。知識のないまま利用し続けると、とても自分の収入では支払いきれないくらいに膨らんでしまい、自己破産に追い込まれてしまう人もいます。

今回は、実はリスクが高いリボ払いについて解説します。支払い金額を軽減する債務整理についても説明しているので、毎月のクレジットカードの支払いにお困りの方は、ぜひ参考にしてください。

クレジットカードのリボ払いはヤバイ?リボ払いの仕組みについて

credit card

リボ払いとは「毎月の利用金額に関わらず、一定額を返済する」クレジットカードの支払い方法です。たとえばリボ払いの支払い金額を毎月5,000円に設定している場合、今月10万円使っても返済額は5,000円で済みます。

リボ払いには、支払い残高には関係なく毎月決まった金額を支払う「定額方式」と、支払い残高に対して一定の割合で返済していく「定率方式」の2種類の返済方法があります。いずれにせよリボ払いを利用すると毎月どれだけ買い物をしても返済額が一定のため、「お得な支払い方法だ」と勘違いされやすいのですが、その仕組みは借金と同じです。リボ払いだといくら借り入れているか分かりにくいので、どんどん使ってしまって、気づいたときには借り入れ総額がかなりの額になっているという方も少なくありません。そしてその時点で溜まっている未払金に対して金利が発生するため、いくら払っても利息ばかりで中々減っていかない、という事態に陥ってしまいがちです。

もしも今リボ払いの支払いに困っている場合は、債務整理で支払い額を減らせる可能性があります。

「クレジットカードの支払いがそろそろヤバイ」「債務整理について詳しく知りたい」といった方は、司法書士事務所ユナイテッドフロントまでお気軽にご相談ください。

リボ払いの支払いが長期化しやすい理由とは?

revolving payments

リボ払いをしても、毎月順調に返済していけば大きな問題にならないと思われるかもしれませんが、リボ払いの支払いは長期化しやすい性質を持っているため注意が必要です。

なぜなら、リボ払いの場合は法律の上限である15%の年利が設定されていることが多く、高金利な上に利息から優先的に返済に充てられるためです。残高と支払い額に差が生じれば生じるほど毎月支払う利息の割合が高くなり、元金がなかなか返せないという状態に陥りやすい特徴を持っています。加えて、いくら使っても毎月のご返済が一定で済むという感覚に慣れてしまい、歯止めが効かず、本来1か月に使える金額以上にお金を使う生活になりがちです。

10万円のものをリボ払いで購入して、毎月5,000円返済していくケースを例に見てみましょう。年利は15%なので、1年間で15,000円、毎月1,250円の利息がかることになります。つまり、返済額の4分の1が利息に充てられることになります。

この場合、お支払いは5,000円で済みますが、利息で1,250円引かれてしまうので、元金は3,750円しか減っておらず、まだ96,250円残っています。そして翌月に再度30,000円分リボ払いを利用すると、残高は126,250円となり、発生する利息は1,578円です。ここでも定額で5,000円のお支払いですので、元金は3,422円しか減らず、残高は122,828円となります。

借入残高全体に対して年利が発生するにもかかわらず、毎月のお支払いは一定額なので、結果として借り入れの金額が大きくなるほどご返済のうち利息の占める割合が高くなり、返済額の半分以上を利息が占めてしまうことも珍しくはありません。そのため、リボ払いは計画的に利用する必要があるのです。

ただし、債務整理をすれば、膨大な額になってしまったご返済を軽減できる場合があります。なかでも任意整理は裁判所を通さなくても手続きが可能なため、周りに知られることなく毎月の支払いを減額できます。

債務整理が可能かどうかを知りたいという方は、司法書士事務所ユナイテッドフロントに一度ご相談ください。

リボ払いの支払いにお困りなら債務整理もご検討ください

お金を使っても毎月の支払い金額が一定のリボ払いは、便利な一方で金利が高く返済が長引きやすい側面を持っています。便利だからとリボ払いに頼り切った生活をすると、あっという間に借金が増えてしまうため、計画的に利用することが大切です。

もしもリボ払いの支払いができなくなってしまったときは、債務整理という方法もあります。

クレジットカードのリボ払いでお悩みの方は、司法書士事務所ユナイテッドフロントへご相談ください。あなたにぴったりの債務整理をご提案し、借金から抜け出すサポートをさせていただきます。

「支払いが間に合わなくてヤバイ」「気づいたらかなりの額になっていた」などリボ払いでお悩みの方は、司法書士事務所ユナイテッドフロントへお問い合わせください。

コラム一覧

債務整理でリボ払いの借入額を減らしたい場合は、司法書士事務所ユナイテッドフロントにご相談ください!

     
会社名 司法書士事務所ユナイテッドフロント
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目14−15 タウンウエストビル4階
TEL 03-5909-0181
URLhttps://united-front.jp/
PAGE TOP