司法書士に債務整理の手続きを相談するなら!カードローンでお困りの方へ ブラックリストとは

司法書士に依頼してカードローンなど借金の返済額を減らしたり返済義務を免除したりできる債務整理は、債務者の人生を立て直すために有効な手段です。しかし一方で、信用情報機関に登録されている個人の信用情報に「金融事故」として記録が残ってしまい、しばらくの間クレジットカードやローンの審査が通らなくなってしまうというデメリットもあります。この状態を、一般的に「ブラックリストに載った」と言います。

万が一、このような状態になってしまったときは、どれくらいの間借り入れができなくなってしまうのでしょうか。今回は、債務整理手続きにつきものであるブラックリストについて解説します。

債務整理やブラックリストについて相談できる司法書士をお探しの方は、司法書士事務所ユナイテッドフロントまでご連絡ください。

債務整理をした際のブラックリスト期間とは?

blacklist period

債務整理を行うと関わってくるブラックリストとは、どういったものなのでしょうか。そのようなものに載ってしまうと、自身の不利な情報があちこちに通告されてしまうようにも思えますが、実のところ「ブラックリスト」というものは存在しません。

借り入れやローンを組んだり、クレジットカードを作ったりして業者との取引を始めると、その取引の内容が個人の信用情報として「信用情報機関」と呼ばれる外部の機関に登録されます。そこで約束の期日を守らずに返済が遅れてしまったり、債務整理手続きを取ることで元の契約どおりに支払わなかったりした場合、その旨が「事故情報(異動情報)」として個人の信用情報に残ってしまう状態を「ブラックリストに載る」と表現しているのです。ローンやクレジットカードの審査のときには、業者は信用情報機関に過去の取引の記録を照会し、信用情報を見て、その人が信用できるかどうかを判断します。

個人信用情報機関には、以下の3つがあります。

  • 日本信用情報機構(JICC)
  • シーアイシー(CIC)
  • 全国銀行個人信用情報センター(KSC)

事故情報の掲載には期間が定められており、一定期間経つと削除されます。信用情報機関によって期間は異なりますが、登録期間は以下のように定められています。

  • 任意整理、特定調停:5年
  • 個人再生、自己破産:5~10年

ただし、債務整理後の返済中に借金の返済が滞ってしまった場合は、新たに事故情報が記録されてしまい、期間が更新されてしまうため注意しましょう。

司法書士などプロに債務整理について相談したいという方は、司法書士事務所ユナイテッドフロントまでお問い合わせください。

司法書士事務所ユナイテッドフロントでは、相談者様のご生活が再建できるよう、一人ひとりに合った方法をご提案させていただきます。カードローンの支払いや、そのほかの借金問題、債務整理の手続きなどでお悩みなら、お気軽にご相談ください。

ブラックリストの影響と対処法

Blacklist Impact

俗に言う「ブラックリストに載った」状態になるとどんなデメリットが生じるのでしょうか。その影響と対処法をみていきましょう。

クレジットカードが使えない・作れない

債務整理をすると、クレジットカードの利用や新規作成ができなくなってしまう可能性があります。クレジットカードを使い続けたい場合は、クレジットカード会社を任意整理の対象から外しておけば、使い続けることができる場合があります。手続きが終わるまでは新たにカードが作れないため、どうしてもカードが必要であれば、ご家族の方に家族カードを作ってもらうか、デビットカードを利用していただくことになります。

ただし、クレジットカードで借金がたまっていったり、支払いに追われて現金が不足して苦しくなったりすることを考えると、借金を解消するための債務整理からすると本末転倒になってしまいます。債務整理は、借り入れに頼らずに生活できるようにサイクルを立て直すためのものです。そのため、最初からお手持ちの資金でやりくりをし、銀行に預金さえ入れておけば、手元に現金がなくてもクレジットカード一括払いと同じように決済できるデビットカードがおすすめです。

新しく借り入れ・携帯の分割購入ができない場合がある

債務整理をすると、原則として5年は新たな借り入れができません。また、携帯の分割購入もローンに当たるため、高い機種だと携帯の分割購入ができない場合があります。どうしてもローンを組みたい場合は、家族名義で購入するなどの対処が必要です。

信用情報はあくまでその人個人のものですので、自己破産をしていても、家族の信用情報には一切影響はありません。また、どうしても生活が困難な場合は、小額の借り入れができる「緊急小口資金」や、市町村の社会福祉協議会で申請できる「総合支援金」を検討してみてください。

保証人になれない

自己破産をしていると、最低5年間は奨学金などの保証人になれません。しかし、債務整理をした後でも、家族や親族は保証人になることができます。どうしても保証人が必要な場合は、家族の力を借りましょう。

カードローンの返済やブラックリストのことなど、借金に関するお悩みなら司法書士事務所ユナイテッドフロントへご相談ください。

相談者様のお悩みをしっかりとヒアリングし、一人ひとりに合った手続きをご提案させていただきます。

債務整理の手続きなどは司法書士へご依頼を!カードローンなど借金にお悩みなら

カードローンなどによる多重債務で返済が苦しいときは、司法書士に依頼して債務整理の手続きをした方がいいかもしれません。債務整理をすると俗に言う「ブラックリストに載った」状態になりますが、仮に債務整理をせずに今の状態のままで新たにローンを組んでも支払えるのかどうかを慎重に検討する必要があります。これ以上ローンを組んでも払えない、もしくはそもそも組まないのであれば、債務整理によって借り入れができなくなるとしても結局は同じ話となりますので、手続きによって早急に借金を処理してしまうほうが早くローンが組めるようになることもあります。

万が一ブラックリストに載ってしまっても、周囲の力を借りることで対処できることがあります。「債務整理のデメリットを詳しく聞きたい」「ブラックリストについて詳しく知りたい」「司法書士に相談したい」という方は、司法書士事務所ユナイテッドフロントまでお問い合わせください。

コラム一覧

債務整理を司法書士に依頼するときに気をつけたいブラックリストについて解説します!

     
会社名 司法書士事務所ユナイテッドフロント
住所 〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目14−15 タウンウエストビル4階
TEL 03-5909-0181
URLhttps://united-front.jp/
PAGE TOP